東北選手権とは

          

東北モトクロス選手権とは

アップダウンやタイトなコーナーが設けられた1周1~2kmのコースで、土埃の中を駆け抜けていくエキサイティングなレース。年齢、ライセンス、排気量により区分されている。

東北モトクロス選手権では【承認クラス】チャイルドクロス「A・B」、キッズ65、オープン85、2st 125、【公認クラス】ジュニアクロス、ノービス、ナショナル、インターナショナルオープンの区分がある。

全日本選手権に出場できるのは、限られたライセンス保有者のみ。そのライセンスを手にするためには、まずは各地方ごとに行われている地方選手権または県大会を戦い、ポイントランキングで上位に入り、ライセンス昇格する必要があります。

運転免許証を所持している方ならWeb申請にて国内B級ライセンスを取得できます。

モトクロスについてもっと詳しくはこちらのMFJ公式サイトから

東北トライアル選手権とは

山や岩など自然の地形を利用したセクションを、どれだけ少ないミス(足の接地・エンジン停止など)で通過できるかを競うレース。2つのタイヤで崖を登り、狭い道を通過するこの競技は他の二輪競技とは違った魅力がある。 獲得ポイントによってライセンス種類も細分化され、東北トライアル選手権はジュニア/国内B級・国内A級・国際B級の選手が参加できるシリーズである。

全日本選手権に出場するためには国際ライセンスを所持していることが条件となるため、高みを目指す選手たちは、まず各地方で開催されている地方選手権で腕を磨くことになります。現在は、北海道から九州まで8つの地域で地方選手権が開催されています。

地方選手権は参加型レースとして実施されており、最も下位のクラスであるNB/ジュニアクラスでは、ライセンスと車両さえあれば参加可能です。